本日 352 人 - 昨日 2667 人 - 累計 3370628 人
  • 記事検索

RSS

最強の寒波信州への影響は限定的

 最強最長の寒波が到来していますが、信州では平常の冬と変わりません。

 寒波の影響で、西日本の各地に雪を降らせ、生活に支障がでていますが、意外にも信州では、通常の冬と変わらない日々となっています。

 現在も信州では、大雪注意報が出ている地域もありません。積雪深も12月の降雪で平年並みとなっていますが、今回の寒波到来後、さほど降雪は記録されていません。

 今回に限っては、北アルプスが雪雲を遮ってくれているように思えます。明日は冬日の予報も出ていますので、今後の状況に注意します。


関連記事
大雪に警戒必要 (01月21日)
火山予知連草津白根山の見解 (01月27日)
山岳雪崩厳重に注意のこと (01月15日)
長野市消防本部発祥の地 (09月01日)
改正活火山法施行で登山者に義務 (12月08日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):