本日 208 人 - 昨日 2436 人 - 累計 3074799 人
  • 記事検索

RSS

四阿山で疲労遭難

 日本百名山「四阿山」で疲労遭難が発生していたことがわかりました。

 ちょっと日が経ちましたが、昨年12月22日、日本百名山「四阿山」で50代の男性が、疲労と積雪のため動けなくなったという。
 男性は無事救助されている。

 我々母校の校歌にも歌われる「四阿山」は、毎年のように足を運ぶ山であり、常に仰ぎ見る山です。

 さて、昨年12月22日の菅平の最低気温は氷点下16.4度最高気温は2度と非常に冷え込んでいたと思われます。

 男性は、先ず四阿山(2,354m)に登ったあと北西にある根子岳(標高2,207m)に向け縦走していて、通称「大隙間」付近で立ち往生したと思われる。

 通常根子岳までは、2時間程度で縦走できるのだが、吹き溜まりとなって、思わぬ積雪だったのかもしれません。遭難者に事情を聴きたいところです。

 燕岳の疲労遭難もそうですが、積雪は想像以上にスタミナを奪うもの、特に雪山の単独山行では重要なファクターとなる。積雪状況の把握も細心の注意が必要でしょう。


関連記事
北ア涸沢岳で女性滑落死 (08月02日)
爺ヶ岳で男性病死 (07月30日)
涸沢岳で男性滑落か (10月12日)
富士山八合目登山道に遺体 (05月20日)
今年は大学山岳部の遭難多発 (12月15日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):