本日 1537 人 - 昨日 7285 人 - 累計 2622912 人
  • 記事検索

RSS

長野県内の遭難件数前年を上回る

 長野県内の昨年の山岳遭難件数及び遭難者とも前年を上回ったことがわかりました。

 長野県内における平成29年中の山岳遭難件数は292件で、遭難者数は327人となった。
 遭難件数は平成28年より20件増、遭難者は24増となり、遭難件数は昭和29年以降で2番目に多い件数である。

 昨年の遭難で特に目立ったのは、バックカントリースキーによる遭難で、前年比23件増の30件だった。

 さらに、遭難事故の態様では、転落、滑落が27人、急性心不全などの病気が13人、疲労や凍死が5人、雪崩が4人の順。

 年末年始(12/29-1/3)の遭難件数は3件、遭難者は6人、負傷者1名、死者はゼロだった。


関連記事
不明の二人見つからず (08月14日)
奥穂高岳で高齢男性滑落 (07月29日)
北ア山岳遭難多発 (08月05日)
穂高連峰で滑落相次ぐ (04月29日)
首を骨折しても自力で下山 (05月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):