本日 141 人 - 昨日 2436 人 - 累計 3074732 人
  • 記事検索

RSS

旭岳へ自殺目的で入山し死亡か

 大雪山系旭岳へ自殺目的で入山した男性が死亡しました。

 北海道の大雪山系旭岳で、とんでもない事件が起きました。

 1月3日、ネットで知り合った男女が自殺目的で入山し、20代の男性が死亡し、10代の少女は下山し、「一緒にいた男性が動かなくなった」と通報した。

 女性の通報により、4日、男性を発見したものの男性は既に死亡が確認された。男性の身元や死因は分かっていない。
 女性は岩手県の少女だという。

 男性の発見場所は、旭岳ロープウェイ姿見駅(標高1600m)から約1.5キロ地点。

 2人は、交流サイトで知り合い、1日にJR札幌駅で落ち合って旭川市入り、自殺目的で入山したという。

 自殺したいと言った人を誘い出し、大量殺人をした事件があったばかりですが、まさか自殺目的で山の登るとは本当に残念です。

 今回の捜索救助にもヘリをはじめ捜索隊が出動している。冬の大雪山系で活動をすることはどんなことなのか知ってほしい。

 是非、山は死ぬ場所でなく生きるための場所であること願う。


関連記事
北穂高岳で男性滑落 (09月11日)
消防隊員滑落事故続報 (06月26日)
御嶽山噴火災害遺族国県提訴 (01月25日)
北岳で遭難の男性収容 (04月24日)
野沢バックカントリーで外国人死亡 (03月21日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):