本日 64 人 - 昨日 6138 人 - 累計 2590590 人
  • 記事検索

RSS

雪道の安全走行のために

 雪道を車で走行するには何といっても経験。次に装備。

 普段雪道を走る機会がなく、スキーやスノボーのときに雪道を走行するという方は多いはず。
 毎日通勤で雪道を走行している北国の人と比べれば、経験も浅く、備えも十分でないことが多い。

 雪道や凍結路を走行するには、当たり前ですが、冬用タイヤ「スタッドレスタイヤ」の装着が欠かせない。

 スタッドレスタイヤ装着車なら、高速道路のチェーン規制でも通行が可能だ。

 次に、四輪駆動車であることは大きな力になる。四駆でなければ、タイヤチェーンは必須となる。

 ここまではだれでも考えることですが、あとは低温対策と降雪対策が必要。

 まずウォッシャー液。これは首都圏や関西圏で使っているものじゃ、寒冷地ではすぐに凍結してしまう。凍結温度が氷点下20度以下のものを使うこと。

 そして、ワイパー。雪がどんどん降れば、ワイパーに雪が団子状に付いたり、ワイパーのバネが凍結して全く用をなさず、視界が企画なくなってしまう。必ず雪用ワイパーに取り換えてほしい。

 あと、強いて言えばスノーブラシ、スコップ。これだけあれば、雪道の走行もとりあえず安心でしょう。

 最後に、JAFの会員であれば万全。


関連記事
日本山岳協会も義援金を募集 (04月22日)
大町登山案内人組合100周年 (05月13日)
赤岳の黒猫を救出 (10月30日)
信州三連休は雨か (09月14日)
定義山で三角油揚げ (09月26日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):