本日 1534 人 - 昨日 7285 人 - 累計 2622909 人
  • 記事検索

RSS

向こう一週間冬型で雪が降る

DSC_8065 関東甲信地方、向こう一週間は、冬型の気圧配置となって晴れる日が多いが、長野県北部では雪の降る日が多い。

 気象庁が、12月9日10時35分に発表した関東甲信地方の週間天気予報によると、

 向こう一週間(12/10-12/16)は、冬型の気圧配置となって晴れる日が多い。長野県北部と群馬県北部では雪の降る日が多い見込み。
 最高気温・最低気温ともに、平年より低い日が多い。
 降水量は、平年並か平年より少ない見込み。
 
 長野県北部地方の週間天気予報は、月曜日から雪だるまが並んでいます。最低気温も氷点下となる冬日が続きます。車の運転ほか野外での行動には注意が必要でしょう。

 写真は今朝我が家の畑の様子です。積雪で一面真っ白となりました。


関連記事
信州中部大雪軽井沢23センチ (11月25日)
山菜「こごみ」のお浸し (05月05日)
今日は「啓蟄」です (03月05日)
今冬は暖冬だったと発表 (03月04日)
日の出が早まりつつあります (01月13日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):