本日 335 人 - 昨日 2378 人 - 累計 1886779 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

上高地冬期入山ルール

画像 閉山後の冬期の上高地へ入山する方へ。ルールを守って正しい登山を楽しんでください。

 11月15日に閉山式を行った上高地ですが、毎年、冬期でも多数の登山者が訪れる。
 松本市域行政機関連絡会議では、今年も「上高地冬期入山ルール」を発表した。

 このルールの「冬期」とは、閉山から開山までの間をいう。(平成29年11月16日から平成30年4月26日まで)

 入山者は、自然保護、危険防止などのため、「上高地冬期入山ルール」を遵守してください。

 ルールは昨年と一緒です。ルールは次の通り。

◆◆上高地冬期入山ルール◆◆
 
 〇入山する際は必ず登山届を提出すること。
  (中の湯ゲートにポストがある)
 
 〇雪崩、落石、地吹雪等に十分注意すること。
  (釜トンネル上から大正池間の県道上では特に注意)

 〇用便は「冬期トイレ」を使用すること。
  (冬期トイレは、中の湯ゲート、大正池、中の瀬、上高地バスターミナル、小柴平)

 〇湿原には踏み込まないこと。
  (道路、歩道以外を歩かない)

 〇テントは、小梨平野営場に張ること。
 
 〇ゴミ、食料は必ず持ち帰ること。

 〇林間コース(自然研究路)は通行止め。
  (木道の老朽化、踏み抜きの危険)



■問い合わせ先■ 環境省松本自然環境事務所 0263-94-2024


関連記事
信州北部で雪予報 (11月03日)
須坂アートパークのイルミネーション (12月14日)
障子を張り替え気持ちいい正月を (12月08日)
しめ縄づくり (12月13日)
向こう一週間は雪又は雨 (12月24日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):