本日 336 人 - 昨日 2827 人 - 累計 3010050 人
  • 記事検索

RSS

期間前半降雪量かなり多い

 向こう一か月予報、期間の前半は、長野県北部・群馬県北部を中心に、降雪量がかなり多くなる可能性がある

 気象庁が発表した関東甲信地方の向こう1か月の予報では、

 平年と同様に晴れの日が多い。
 向こう1か月の平均気温は、低い確率60%。
 週別の気温は、1週目(12/2-12/8)は、低い確率60%。2週目(12/9-12/15)は、低い確率60%。

 12月上旬は寒い日が続きそうだ。積雪も多いとの予報。今シーズンは、スキー場を順調にオープンしているようで、最近は年末の雪不足に泣かされたスキー場関係者もほっとしていることでしょう。

 寒さが早まったことで、インフルエンザも流行りだしたとのこと、こちらも十分対策をとりましょう。


関連記事
長野県北部 未明から大雪 (02月06日)
スパイラルも暖冬に苦労 (12月14日)
信州「山田温泉」も冬景色 (12月06日)
志賀高原で雪 (10月04日)
春高バレー 岡工復活ならず (11月02日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):