本日 2592 人 - 昨日 3212 人 - 累計 3009479 人
  • 記事検索

RSS

八ヶ岳で道迷い遭難発生

八ヶ岳連峰で、男性が道に迷い救助を求めている。

11月19日、神奈川県の50代男性が道に迷い、救助を要請した。

長野県警のヘリが出動し、男性を発見したが、強風のため近寄れず、救助出来ていない。

地上から、遭対協や警察が出動しているが、本格的な救助は今日になる模様。

男性が無事救助されることを祈ります。

男性は、18日、美濃戸から赤岳を目指したようですが、阿弥陀岳付近で迷ったという。

降雪で夏道が消えていたかもしれませんが、この寒波の中、八ヶ岳に入山するには、それなりの覚悟が必要でしょう。

諏訪地区遭対協は、昨日、60周年記念式典を開いたが、この遭難で一部隊員は出席できなかった模様。


関連記事
「アルプス」の隊員を救え (03月20日)
西穂で男性が雪崩遭難か (01月15日)
阿弥陀岳雪崩起きやすいと考えず (03月17日)
北ア鹿島槍などで滑落相次ぎ4名死亡 (09月15日)
妙義山で男性滑落し重傷 (11月06日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2017/11/23 10:22
 男性は11月20日無事救助されました。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):