本日 216 人 - 昨日 2705 人 - 累計 2328934 人
  • 記事検索

RSS

富士登山競争でヘルメット着用?

 富士登山競走で、ヘルメット着用の義務化を検討しているようです。

 これはまさに登山競争ですね。参加選手の構成も代わるかもしれません。

 富士登山競争の大会長でもある富士吉田市の堀内市長は、火山災害や落石事故に備えるため、登山競争においても、ヘルメットを着用すべきとの考えを持っているようだ。

 富士吉田市は、今年から、富士山登山者にヘルメットを無料で貸し出すサービスを始めるなど、富士山登山者にヘルメットの着用を勧めている。

 そのため、富士登山競走の安全対策としてヘルメットの着用義務化を検討していたもの。

 しかし、着用して走った場合に、熱中症になる危険性が排除できないため、次回大会(30年7月)での着用を見送った。

 さらに調査を進め判断する。


関連記事
「山へ! to the mountains 展」始まる (07月17日)
黒部トロリーバス30万人 (06月14日)
「百万人の山と自然 安全のための知識と技術 公開講座」 (05月21日)
野口健氏講演会のお知らせ (01月08日)
長野県警 山岳安全対策課新設 (02月28日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):