本日 215 人 - 昨日 2705 人 - 累計 2328933 人
  • 記事検索

RSS

千畳敷カール内凍結あり

 中央アルプスの千畳敷カール内の登山道は、雪はないものの凍結箇所があるため、軽アイゼンが必要です。

 中央アルプスは11月2日に閉山式が行われ、ホテルでも冬支度が始まっているようです。

 ロープウェイは通年運行しているものの、入山は今まで以上に自己責任の意識が必要となります。

 情報では、登山道に雪は少ないものの、所々に凍結箇所あるため、軽アイゼンの着用が必要とのこと。しっかり準備することをおススメします。

 また、剣ケ池に下るルートも、凍結しアイスバーン状態の箇所が多いようです。通行を避けた方が良いとのことです。

 毎年、中央アルプスでは、凍結した斜面を滑落する事故が発生しています。アイゼンの技術がない方は入山しないことです。


関連記事
山ではやはりドコモなのか (08月22日)
群馬県山のグレーディング完成 (08月04日)
夏季ツキノワグマ出没注意喚起 (06月20日)
信州の山岳も登山届義務化へ (11月21日)
2015長野県高体連登山大会 (06月03日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):