本日 2 人 - 昨日 2221 人 - 累計 3076814 人
  • 記事検索

RSS

高校山岳部にビーコンを貸与へ

 長野県教育委員会は高校の山岳部員にビーコンを貸与する方針を決めた。

 栃木県那須高原での高校生の雪崩遭難事故を受け、安全対策などを検討してきた長野県教育委員会はこのほど、高校生が冬山登山をする際にビーコンを貸与する方針を決めた。

 ビーコンは、万が一雪崩に遭い雪に埋った際に携行していれば、他のビーコン所有者により、埋っている場所を特定することができるため、早期に発見救出できる。

 このためビーコンは冬山の装備として必需品と言われますが、1個4、5万円と高価なため、高校生が1人1個を所有するのは中々難しいだろう。

 そこで、長野県教委は、「日本山岳救助機構」JROから寄付頂いた20個などを活用し、計50個を用意し、高校山岳部に貸与することにしたという。

 こういう取り組みは素晴らしいことです。いろんな角度から、高校生の登山に安全対策が進むことを願います。


関連記事
長野県警「里山登山の注意点」発表 (04月29日)
信州の登山道整備進む (06月21日)
高谷池ヒュッテ前積雪40センチ!? (10月29日)
聖岳登山道へ土砂流出し一時孤立 (08月13日)
嬬恋村から「消えた硫黄鉱山」 (09月03日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):