本日 1537 人 - 昨日 7285 人 - 累計 2622912 人
  • 記事検索

RSS

信州22日から台風に厳重警戒

 大型で強い台風第21号は、22日から信州に影響及ぼす。厳重な警戒が必要。

 気象庁によると、

 大型で強い台風第21号は、22日は非常に強い勢力となって沖縄地方に接近し、23日は強い勢力で西日本・東日本にかなり接近し上陸するおそれがある。

 21日から22日は沖縄・奄美地方、22日から24日は西日本・東日本・北日本の広い範囲で大荒れとなり、大雨や暴風、高波、高潮などによる重大な災害が発生するおそれがある。

 西日本・東日本では前線の影響で台風が接近する前から大雨となります。また、大型で強風域がかなり広いため、台風が遠くにあっても非常に強い風が吹くこともあります。各地気象台の発表する警報・注意報など気象情報に留意するとともに、市町村の避難勧告等に注意してください。

 大雨による土砂災害、洪水、低い土地の浸水をはじめ、暴風、高波、高潮など、自分のいる場所ではどのような災害が起こりやすいのかを予め確認し、明るいうちに安全な場所に移動するなど、雨や風が強まる前に早め早めの安全確保をお願いします。

 雨や風が強い間は屋外での作業や不要な外出は控え、海岸や増水した河川・用
水路など危険な場所には絶対に近づかないようお願いします。


 この予報を聞いて山に登ろうと考える人はまずいないでしょう。主な山小屋も小屋じまいしてますから、十分注意してください。

 こんな天気で遭難しても、空はもちろん、地上からも救助は厳しくなります。判断を間違えないように、、。


 なお、気象庁が14時に発表した台風第21号に関する情報はこちら★台風第21号情報


関連記事
気象・噴火特別警報メールで配信 (11月17日)
白馬エリア雪崩危険 (01月02日)
山岳エリア雪崩の危険性 (02月18日)
佐久・諏訪地域の大雪警報継続 (03月21日)
ゲリラ豪雪で動けず (02月15日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):