本日 1811 人 - 昨日 2221 人 - 累計 3078623 人
  • 記事検索

RSS

大雪山遭難の4人無事を確認

 大雪山系旭岳で男女4人が遭難した事故で、警察が4人を発見した。

 毎日新聞によると、
 
 北海道最高峰の大雪山系旭岳(2,291m)で男女4人が遭難した事故で、道警は18日午後、山中で4人を発見した。

 全員の生存を確認されたのは、横浜市の70代男性と60代の妻、20代の外国人の男女。

 道警によると、4人は17日夜、下山中に救助を要請。
 雪の中で一夜を過ごしたとみられ、18日朝に外国人女性から全員生存していると電話があった。その後は連絡が取れない状態となっていた。

 外国人は自称マレーシア国籍の男性と自称シンガポール国籍の女性で、登山中に夫婦と知り合ったという。

 70代の男性は救助要請の際、「7合目付近の沢にいる」と説明。道警は、尾根に沿って続く登山道から外れたとみて、登山道脇の斜面を中心に捜索していたという。

 とにかく発見されてよかった。映像で見る大雪山はすっかり冬山でした。


関連記事
穂高連峰で滑落相次ぐ (04月29日)
信州百名山で山岳遭難続発 (07月07日)
鹿島の2人四日ぶりに救助 (03月24日)
残雪で滑って滑落事故多発 (06月19日)
信州のスキー場衝突事故多発 (01月05日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):