本日 2886 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2758775 人
  • 記事検索

RSS

霧島山噴火警戒レベル3に引き上げ

 霧島山に火口周辺警報を発表され、噴火警戒レベル3に引き上げられました。

 気象庁は11日、九州の霧島山(新燃岳)について、噴火継続し噴煙量も増加し、火山性微動も継続していることから、噴火警戒レベルを2から3に引き上げた。

 今後、更に活動が活発になる可能性があるという。

 新燃岳火口から概ね2kmの範囲では、弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒が必要。

 噴火時には、風下側では火山灰だけでなく風の影響を受ける小さな噴石に注意が必要。
 爆発的噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるという。

 これにより、噴火警戒レベルが3の火山は、口永良部島と桜島に続き3火山となった。


関連記事
蔵王噴火警戒レベル2へ引上げ (01月31日)
上信越国境付近は雪 (01月02日)
佐久・諏訪地域の大雪警報継続 (03月21日)
非常口マークは世界共通 (11月13日)
向こう1か月は気温高めか (03月02日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):