本日 1479 人 - 昨日 1999 人 - 累計 1881793 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

静岡も夏山遭難件数減少

 今年の静岡県内で発生した夏山における遭難件数は、昨年より2割減少した。

 静岡県内の富士山や南アルプスなどで、今年7月から8月に発生した山岳遭難は69件で、去年より15件で約2割減ったという。

 山岳遭難の約7割が富士山で発生したものというが、2割の減少とは驚きです。信州も山岳遭難が減少していますが、天候不順が遭難件数の減少に貢献しただろう。
 静岡県も天候不順だったのか、理由を知りたいところです。


関連記事
八方尾根山スキーで雪崩 (01月02日)
中央遭対協が「冬山登山の警告」 (12月15日)
八ヶ岳で単独の男性不明 (10月23日)
北ア慰霊祭行われる (07月01日)
「アルプス」の意義とは (03月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):