本日 1118 人 - 昨日 1853 人 - 累計 1883285 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

止まらない高齢者の遭難

 央アルプス濁沢大峰で高齢男性が滑落し重傷を負いました。

 今年は80代の登山者の遭難が目立っている。

 長野県内は、救助ヘリがなく緊急事態ということは、予てからお伝えしているところですが、登山者あまり気にしていないのでしょうか。

 そんな中、10月3日、また80代男性の遭難事故が発生しています。

 中央アルプスの宝剣岳と檜尾岳の中間にある濁沢大峰(標高2,724m)で、80代の男性が滑落し左肋骨骨折等の重傷を負い、長野県警のヘリで救助されています。

 ヘリがあってよかったというものです。ヘリが間に合わず、地上隊に救助されている遭難者も増えています。十分に気を付けてください。


関連記事
爺ヶ岳で男性病死 (07月30日)
富士山登山シーズンへ (07月01日)
阿弥陀岳で雪崩3人巻き込まれる (03月16日)
連休中信州の山岳遭難相次ぐ (09月21日)
妙高で男性遭難か (06月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):