本日 3398 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2759287 人
  • 記事検索

RSS

秋の北ア高齢男性二人遭難

北アルプス西岳と前穂高岳で高齢の男性の遭難事故がありました。

9月26日、西岳では埼玉県の80代男性が水越乗越に続く鎖場で滑落し外傷性くも膜下出血で重傷を負い、岐阜県警のヘリで救助された。

前穂高岳では、単独山行の70代の男性が、重太郎新道で脳挫傷の重傷を負い倒れているところを発見され、山梨県の防災ヘリで救助された。

何れの遭難事故も高齢の男性の事故。この点はしっかり考えなければならない。

また、救助にあたったヘリコプターは、何れも長野県外の機関のもの。
消防ヘリは事故で失われ、長野県警の2機のうち1機は点検中のようで、長野県の空からの救助は手薄な状況に違いない。十分注意してください。


関連記事
日課の出勤前の登山で遭難 (03月01日)
自衛官がクマにかまれケガ (07月17日)
〔教訓〕富士山大規模落石事故 (08月14日)
朝日岳で4人救助待つ (07月19日)
北アルプスで遭難相次ぐ (05月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):