本日 2029 人 - 昨日 2665 人 - 累計 3173350 人
  • 記事検索

RSS

熊大量出没の可能性低い

 今年は、長野県内の熊の大量出没の可能性は低い予想。

 長野県が発表したツキノワグマの出没予測によると、

 2017年は、ブナは凶作、ミズナラ、コナラは並作、クリ、クルミは一定程度の結実が見られるため、全県的に大量出没の可能性は低い。

 しかし、新潟県から富山県境の県北部では全体的に結実が悪く、人里への出没が増える可能性があると予測。


 また、全体に単木ごとのばらつきが大きく、クマの行動範囲が広範に及ぶ可能性があり、集落近くの山でのキノコ狩りや山際の散策などでも、遭遇の危険があるので注意が必要とのこと。

 信州はどこでも山、どこでも熊に出会う可能性があります。一度美味しい味を知った熊はまた来ます。

 鈴では効かないという話もありますが、他に手段があるわけではないので、しっかり対策をとって入山しましょう。


関連記事
信州山岳環境魅力発信フォーラムせまる (02月06日)
御嶽山不法入山者起訴猶予 (10月24日)
信州の山岳道路は冬期閉鎖に (11月04日)
上高地冬期入山ルール守って! (12月05日)
白馬大雪渓通行止め (09月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):