本日 1009 人 - 昨日 3537 人 - 累計 2986164 人
  • 記事検索

RSS

前穂高岳で性別不明の遺体

 北アルプスの前穂高岳で、白骨化した遺体が見つかりました。

 9月13日、北アルプス前穂高岳西側の岳沢の大滝付近の岩場で、白骨化した性別不明の遺体が見つかったようです。

 遺体の近くには、アイゼンの付いた登山靴やザックがなどがあったとのこと。これは登山者が遭難したということでしょう。

 遺体は、先週日曜日に登山者が発見し通報していたという。

 穂高連峰では、5月に遭難した20代男性がいましたが、その方はその後どうなったのでしょうか。

 早く身元が分かり、御遺族の元に帰ることを願います。ご冥福をお祈りします。


関連記事
北海道ニセコで雪崩外国人ら2人死傷 (02月26日)
長野キノコ採り犠牲者14人目 (10月19日)
九死に一生 二度目はない (07月01日)
富士山八合目登山道に遺体 (05月20日)
南アで登山者川に流される (08月17日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):