本日 2555 人 - 昨日 4435 人 - 累計 2772208 人
  • 記事検索

RSS

前穂高岳で性別不明の遺体

 北アルプスの前穂高岳で、白骨化した遺体が見つかりました。

 9月13日、北アルプス前穂高岳西側の岳沢の大滝付近の岩場で、白骨化した性別不明の遺体が見つかったようです。

 遺体の近くには、アイゼンの付いた登山靴やザックがなどがあったとのこと。これは登山者が遭難したということでしょう。

 遺体は、先週日曜日に登山者が発見し通報していたという。

 穂高連峰では、5月に遭難した20代男性がいましたが、その方はその後どうなったのでしょうか。

 早く身元が分かり、御遺族の元に帰ることを願います。ご冥福をお祈りします。


関連記事
南ア塩見岳で男性滑落か (07月19日)
立科でスキーヤー衝突死 (02月05日)
霞沢岳で男性病死か (01月01日)
三連休遭難2件追加 (03月30日)
2月八方で不明の米国人見つかる (04月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):