本日 1770 人 - 昨日 2271 人 - 累計 1825855 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

火山噴火対策5億5300万円

平成30年度の気象庁概算要求額は、総額611億1200万円。

気象庁が公表した資料によると、平成30年度は「地震・津波・火山噴火に対する観測体制の強化」などを重点 的に取り組むとしている。

特に、火山噴火対策では、遠望観測の強化として5億53百万円。これはいいかえれば、ライブカメラの高画質化といえる。

また、水蒸気噴火等の前兆検知能力高度化に3億53百万円。
これは、3Dスキャナーによる観測の研究開発や、火山ガス等の検知方法の開発を目指すというもの。

国民の安心安全のためには、しっかり予算を配分してほしいもの。


関連記事
上杉謙信の春日山城と神社 (08月11日)
八方尾根スキー講習を開催 (03月16日)
甲武信ヶ岳の名前の由来 (05月26日)
中アロープウェイ冬は片側のみ (12月24日)
雨飾山西側の尾根に亀裂多数 (05月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):