本日 260 人 - 昨日 3970 人 - 累計 2896191 人
  • 記事検索

RSS

70代男性8日ぶり救助

北アルプス縦走のため入山し、行方不明となっていた70代男性が8日ぶりに発見救助されました。

8月24日、北アルプスを縦走するため、富山県立山の室堂から入山し、岐阜県新穂高温泉に8月27日に下山予定だったが下山せず、家族が警察に届け出ていた。

男性は、9月1日、獅子岳の御山谷の沢近くで発見されたが、衰弱しているものの命には別状はない模様。

男性は、入山後、風雨が強くなったため引き返す途中道に迷い遭難。持っていたバナナやあめを食べ、沢の水を飲んでさ迷ったという。

高齢のため、安否が心配されたが、8日ぶりに発見された。本当にご無事で良かったと思うが、そもそも計画が無謀だとの声もある。


関連記事
冬の八ヶ岳遭難マップが完成 (12月09日)
蝶ヶ岳で体調不良で救助要請 (07月11日)
南ア赤石岳で白骨化した遺体見つかる (08月29日)
軽井沢バス転落事故 続報 (01月15日)
上田の独鈷山で男性病死 (05月24日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):