本日 1088 人 - 昨日 2908 人 - 累計 1651698 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北ア三県合同山岳遭難防止キャンペーン

 現在、「北アルプス三県合同山岳遭難防止キャンペーン」実施中です。

 長野県、富山県、岐阜県では、夏山シーズンである2ヶ月間を山岳遭難防止対策強化期間と位置づけ、安全登山の啓発に重点を置いた活動を集中的に実施する「北アルプス三県合同山岳遭難防止キャンペーン」を展開しています。

1 期間:平成29年7月1日(土)~同年8月31日(木)
2 スローガン:「知って 備えて 安全登山」
3 活動内容:
 三県の関係機関が合同で各県の主要登山口等で上記スローガンを記載した北アルプス安全登山マップ等を登山者に配布し、登山届の提出についての呼びかけ、安全登山についての広報・周知。

 八月に入って、北アルプスでの遭難が多発しています。
 地元では、あの手この手で山岳遭難防止に対策を講じているのですが、遭難は続きます。

 特に県外者の遭難が目立ちます。地元の緊迫感が通じていないのでしょうか。特に、高齢者の遭難が多発しています。自分の体力に合った登山を選択してほしいものです。

 信州では、消防防災ヘリが事故で失われ緊急事態となっています。軽傷や疲労程度ではヘリが出動しない場合もあるかもしれません。
 地上からの救助活動も増加しているようです。一層のセルフレスキューやパーティー内で解決手段も持ち合わせてほしいものです。


関連記事
黒部ルート見学会申込始まる (03月17日)
夏は疲労遭難に注意 (08月17日)
北ア天狗山荘が倒壊 (06月25日)
白馬岳はまだ雪山 (06月18日)
日本山岳協会も義援金を募集 (04月22日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):