本日 1914 人 - 昨日 2033 人 - 累計 1880229 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

アルプス氷河また30年前の遺体が

 スイスのアルプスで、約30年前に遭難した男性の遺体が見つかりました。

 8月2日、スイスの警察当局の発表によると、1987年8月にアルプスで消息を絶ったドイツ人男性の遺体が、7月25日に見つかったという。

 男性の遺体は、標高約3,000m付近の氷河から、手と靴が見えていたのを、登山者により発見され、警察当局により掘り出されたという。

 これも温暖化の影響でしょうか、先日も75年前に遭難した夫婦の遺体が、昨年はマッターホルンで45年前の日本人の遺体が見つかっている。 

 
マッターホルンで45年前の遭難者の遺骨発見


関連記事
スノボーでまた遭難 野沢温泉 (01月22日)
立山でそり滑りで骨折 (05月02日)
八ヶ岳赤岳で男性が心肺停止 (12月22日)
中央アルプス遭難発生状況 (03月05日)
長野キノコ遭難で1人死亡1人救助 (10月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):