本日 1401 人 - 昨日 3094 人 - 累計 1646053 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

横手山頂名物鉄塔が消えた

画像 横手山山頂の名物鉄塔が無くなりました。

 長野・群馬県境の横手山山頂に摩天楼のようにそびえ立っていたNTTの鉄塔が、ついに撤去されてしまいました。

 電電公社時代の昭和30年代に建設され、NTTのマイクロ波の無線中継所としてその役割を果たしてきましたが、光ファーバー普及により、その役割が終わり鉄塔と局舎のみが残されていました。

画像 しかし、標高2307mの厳しい環境で建物の劣化も進み、撤去することになったと思われます。

 長い間、横手山山頂の名物としてそびえ立っていたことから、鉄塔のない山頂の風景は初めてとなりますが、寂しさも感じます。

 このあと、局舎が撤去されれば、なだらかな山頂の風景となるのでしょう。


 ※写真は、2016年1月撮影。こんな風景はもう見られない。


関連記事
昭和30年頃の某女子大スキー教室 (01月15日)
北ア天狗山荘が倒壊 (06月25日)
中ア千畳敷は落石注意 (05月21日)
登山は45歳から割合が高くなる (08月12日)
日本一標高が高いスキー場 (02月01日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):