本日 172 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3176653 人
  • 記事検索

RSS

常念遭難男性は小屋従業員だった

 北ア常念岳の沢で亡くなった男性は、常念小屋の従業員の男性だった。

 7月2日、常念岳の一ノ沢の笠原出合付近で、死亡しているのが見つかった男性は、常念小屋の70代の男性従業員だったとのこと。

 男性は、休暇明けで小屋に戻る途中だったようで、脚を滑らせ沢に転落したとみられています。死因は溺死だった。

 残念な事故が起きてしまいました。


 ネットには、この悪天候に無謀な登山などと、憶測で書いている輩もいましたが、やはり登らなければいけない事情があったのです。

 何かあるのだろうかと思っていましたが、小屋に戻る途中だったとは、もっと違う判断がなかったのかと思う。こういう事故は居た堪れないです。


 男性のご冥福をお祈りします。


 白馬周辺は非常に降雨量が増えています。沢筋を登るときは、本当に注意が必要です。雨音で落石の音も聞こえないかもしれません。気を付けましょう。


関連記事
槍ヶ岳では三日連続遭難事故で3人死傷 (08月12日)
涸沢岳で滑落した女性は韓国人 (10月05日)
八ヶ岳で60代男女遭難 (01月02日)
中ア南駒ケ岳で道迷い遭難 (05月18日)
北ア湯俣川で男性流される (09月20日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):