本日 1771 人 - 昨日 3618 人 - 累計 1549241 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

白馬・小谷 土砂警出っ放し

 白馬村と小谷村では、昨日未明から、土砂災害警戒情報が出っ放しです。厳重な警戒が必要です。

 白馬岳へ通じる白馬大雪渓の麓「猿倉」では、累加雨量が既に550ミリに達しています。
 白馬村八方山の観測点でも、500ミリに達しそうです。

 長野地方気象台では、長野県北部に土砂災害警戒情報、大雨警報を出しで警戒を呼び掛けています。3日夜遅くまで土砂災害に警戒が必要とのことです。

 この週末の雨で、第15回坂口登山フェスティバルも一部縮小され、唐松岳登山は中止となったようです。賢明な判断でしょう。

 時間雨量10ミリも降っているようでは入山は厳しいでしょう。

 
 信州の山岳道路は、連続雨量が規定値に達すると事前規制で通行止めになる道路があります。入っても下山できなくなる場合もあります。
 特に、林道などはしっかりと管理されていない場合があります。事前規制がないからと通行して、落石や土砂崩れに巻き込まれる恐れもあります。くれぐれも判断を間違えないようにしてほしいものです。


関連記事
いい夫婦の日に2度目の地震 (11月23日)
長野県北部風雪強く (01月30日)
大雪未だ止まず (01月15日)
富士見町 消防全国大会準優勝 (11月09日)
御嶽行方不明者捜索用装備を充実へ (12月18日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):