本日 2145 人 - 昨日 3501 人 - 累計 2484163 人
  • 記事検索

RSS

火打山はまだ雪山

IMGP6635 火打山の登山道は、例年に比べ残雪が多く、この時期が一番道に迷うようです。

 火打山周辺の登山道は、アイゼンとピッケルが必携のようです。夏山状態までには半月程度かかるとのこと。

 高谷池ヒュッテ周辺の融雪は進んでいるが、高谷池はまだ雪の下のようです。
 小屋付近で、少しだけ地面が出た程度でまだ緑の気配は全くないといいます。
 
 ここ数日の雨でどこまで融雪が進むか見極めましょう。

 さすが火打ちですね。


 笹ヶ峰~妙高山は、こちらも残雪が多いようです。まだ花も咲いておらず半月待った方がいいとのこと。

 もし登るなら、ヒュッテから妙高山方面はピッケル、前爪アイゼン必携とのこと。妙高山へは斜面のトラバースがあるので、前爪のある10又は12本アイゼンとピッケル必携で。

 火打山・妙高周辺では今週2件の遭難が発生しています。25日に道に迷ったと家族に連絡した男性はまだ見つかっていないようです。

 27日には、2人パーティーの60代男性が滑落し動けなくなりヘリで救助されています。
 入山される方は、十分注意してください。



 ※写真は2015年9月5日撮影。ライチョウ平下部ですが、9月でも残雪があります。


関連記事
熱中症昨年の3倍 (07月14日)
檜尾岳登山口でクマ目撃情報 (05月23日)
タラの芽が切られる (05月11日)
南アルプス シンボルマーク決定 (10月12日)
「鬼岩」ハーケン打ち込んだ男性立件 (10月01日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):