本日 2139 人 - 昨日 3501 人 - 累計 2484157 人
  • 記事検索

RSS

飯綱山で高齢男性病死か

 長野市の飯縄山で、登山道で倒れている高齢の男性が見つかりましたが、病院で死亡が確認されました。

 6月25日、長野県北部にある飯綱山(標高1,917m)の山頂付近の登山道で、長野県内の70代の男性が倒れているところを、通りかかった登山者に発見され、長野県警のヘリで病院に搬送されたましたが、その後死亡が確認されたという。

 原因は分かっていません。男性は単独行だった。

 男性が登っていた飯縄山は、長野市のシンボル的な山で、小学校の学校登山で登る山で、信州百名山の一つ。北峰と南峰がある。

 善光寺平にポツンと置かれたような山のため、標高は低いが眺望は思ったよりいい。信越国境の名峰五山を北信五岳と呼んでいるが、その一番東にある山。
 日課のように登っている人もいる。

 
 男性のご冥福をお祈りします。


関連記事
「山岳救助活動における消防・警察の連携会議」開かれる (07月21日)
長野県消防ヘリ事故から1年 (03月05日)
西穂高岳で男性滑落 (08月03日)
奥穂ジャンダルムで男性滑落 (05月01日)
宝探し中に遭難か (10月18日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):