本日 1336 人 - 昨日 2019 人 - 累計 1819386 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

北ア天狗山荘が倒壊

 白馬の天狗山荘が雪による倒壊で、今年度の営業を取りやめました。

 天狗山荘を運営する白馬村振興公社によると、

 この冬の雪による影響で、小屋が破損してしまった。このため、平成29年度の営業を見送ることにしたということです。

 テント場についても、トイレや水場の使用ができないため、現在のところ使用できないようです。

 なお、夏シーズンには「テント場」を利用できるよう検討を始めているとのこと。

 天狗山荘は、唐松岳と白馬岳の中間に位置するので、北アルプス北部を縦走する上では重要な山荘です。早急な復旧が望まれます。

 先日は、笹ヶ峰ビジターセンターの倒壊についてお伝えしましたが、今冬の雪の影響は、いろいろなところに出ています。山にも残雪が多く、スリップによる事故が心配されます。十分気を付けてください。


 詳細については、財団法人白馬村振興公社山岳事業部に問合せください。
  電話0261-75-3788


関連記事
2015長野県高体連登山大会 (06月03日)
滑走可能な信州のスキー場 (11月28日)
上高地アルペンホテルが改修 (09月04日)
富士登山競争でヘルメット着用? (11月14日)
国立公園のマーク統一 (08月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):