本日 2201 人 - 昨日 2967 人 - 累計 3000207 人
  • 記事検索

RSS

長野の男性谷川岳で滑落

 群馬県の谷川岳で、長野県の男性が滑落し重傷を負いました。

 6月18日、群馬県みなかみ町の谷川岳で、長野県松本市の50代の男性が滑落し、右太ももの骨を折る重傷を負っていたことがわかりました。

 男性は、仲間二人と下山中に残雪でスリップし、10メートルほど滑落したようです。

 谷川岳登山指導センターによると、

 ロープウェイ利用の天神尾根ルートでも、1割ほどは残雪が残っているようです。軽アイゼンは必携のようです。

 熊の目撃情報もあるようです。気を付けてください。

 湿度や気温により。ブヨが発生しているようです。虫対策も怠りなく。

 さらに、谷川温泉からや三国峠など南面側の登山道ではヤマビルの活動が始まったとのこと。万全の対策をしましょう。


関連記事
湯沢不明男性発見できず (01月12日)
冬の八ヶ岳遭難マップが完成 (12月09日)
トレラン不明の男女無事 (10月29日)
山岳遭難から生還した男性の実話 (06月01日)
日光山中で遭難男性救助 (10月18日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):