本日 552 人 - 昨日 1853 人 - 累計 1882719 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

男体山を活火山に選定

 気象庁は、栃木県の男体山を活火山に選定すると発表しました。

 日本百名山の一つで、栃木県日光市にある男体山(なんたいさん)標高2,486mが111番目の活火山に選定されました。
 これは、6月20日気象庁が発表したもの。

 男体山が活火山に選定された理由は、過去1万年以内の噴火が確認されたことだといいます。

 火山噴火予知連絡会は、活火山の定義を国際標準に則した「概ね過去1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動のある火山」を活火山に選定しているとのこと。

 なお、現在、男体山は火山活動に特段の変化はなく、静穏に経過しており、噴火の兆候は認められないようです。


関連記事
長野県警H26冬山情報を発表 (12月18日)
モンベルが「岳人」を発行する (04月07日)
山岳遭難の実態から学ぶもの (07月12日)
ツアー登山などへの参加は×× (04月08日)
長野県が登山安全条例の骨子案発表 (06月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):