本日 979 人 - 昨日 2884 人 - 累計 2324587 人
  • 記事検索

RSS

白馬岳はまだ雪山

 北アルプスの白馬岳は、まだまだ雪山だということです。
 基本は雪山装備が必要です。

 白馬山荘からの情報によりますと、

 気温が上がると雪が緩みます、踏み抜きや雪崩のリスクが高まるので、気温の低い早い時間帯になるべく早く上がりきるようにアドバイスしています。

 また、ホワイトアウトになると、慣れた人でもGPSなしでは地理がわからなくなることもあるということです。

 朝は氷点下のため堅くなり、日中日に当たると足を取られるようになる、残雪の基本です。

 例年のことですが、落石は杓子岳方向から絶え間なくあるようです。先日は、1メートルを超える落石が、雪渓中央部まで到達していたようです。ひとたまりもありません。

 毎年の落石事故が発生しています。十分に注意してほしいところです。
 特に、降雨時は要注意です。


関連記事
大晦日の信州山岳まずまずの天気 (12月31日)
冬山へ続々入山 (12月28日)
「安全のための知識と技術 公開講座」 (06月23日)
特別天然記念物「雷鳥」 (07月31日)
待望の「信州山歩き地図Ⅳ」発刊 (07月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):