本日 1672 人 - 昨日 2822 人 - 累計 1739384 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

週末の信州遭難多発

 6月11日、信州の山岳では遭難が多発していた。

 6月11日の日曜日は、天候にも恵まれ、入山者も多かったのでしょうか。信州の山岳では、わかっただけでも5件の遭難が発生し、4名が重軽傷を負っています。

 北ア白馬鑓ケ岳では、石川県の30代男性が下山中に滑落し、左脚を骨折する重傷。

 北ア焼岳では、東京都の30代男性が滑落し膝や頭にけが。

 八ケ岳連峰天狗岳では、東京都の50代男性が下山中に足をひねり骨折する重傷。

 中ア駒ヶ岳では、愛知県の40代男性が駒飼ノ池雪渓で滑落し軽傷。

 雨飾山では、香川県の80代の夫と70代の妻が道に迷ったが翌日無事に発見された。

 老若男女が遭難しています。他人ごとではありません。標高の高いところにはまだ雪も残っています。それに対する備えも怠りないようにしてください。


関連記事
検証スノーボードの遭難事故 (01月11日)
3月は雪崩遭難が多発した (04月02日)
きのこ採り不明女性三日ぶり保護 (10月07日)
戸隠の不明男性は滑落していた (06月17日)
続報 西穂高岳のガイド滑落事故 (07月18日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):