本日 1862 人 - 昨日 4015 人 - 累計 1541158 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

栃木県山のグレーディング策定中

 栃木県が主要登山ルートの「山のグレーディング」を策定していることがわかりました。

 登山ルートの難易度が分かる「山のグレーディング」は長野県が御本家で、現在、山梨、新潟、静岡、群馬各県で策定済みとなっている。

 栃木県が策定すれば6県目となる。

 栃木県では、8月に全国山の日記念全国大会が那須で開催されることから、それまでに公表したいとのこと。

 栃木県によると、日光白根山、男体山及び朝日岳など「栃木百名山」を中心に、登山者が数多く訪れる82の登山ルートを格付けするということです。

 信州発の登山安全対策がまた一つ全国へ広がりつつあります。これにより、自分に適した登山を選び、遭難事故が少しでも減ることを願いたいです。


関連記事
「山の日」の歌募集締切迫る (12月25日)
北穂高不明男性谷で発見 (06月24日)
白馬三山とスキー (01月25日)
北部登山口の新名称は「南アルプス戸台口」 (09月25日)
東西駒ヶ岳と呼ぶのは (05月25日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):