本日 1408 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2757297 人
  • 記事検索

RSS

立山でセスナ墜落

 富山県立山町の山中に、4人乗りのセスナ機が墜落した模様。

 6月3日午後、富山空港から松本空港へ向かっていた4人乗りのセスナ機が、立山町芦峅寺の山中に墜落した模様です。複数のメディアが一斉に速報しています。

 墜落したセスナは、(株)新中央航空所有の単発プロペラ機「セスナ172」ということです。セスナ172は最大4座席です。

 1人が意識不明で3人は意識があるとの情報がありますが、詳細は不明です。

 立山付近では、今日は雪が降っており視界が悪かったと思われますが、事故原因は分かっておらず、何らかのトラブルが起きたのではないかとの情報もあります。


関連記事
検証 学習院大阿弥陀岳遭難事故④ (12月05日)
北岳遭難男性は長野県警が収容 (11月15日)
信州山岳緊急事態 遭難死者1日で3名 (08月08日)
信州百名山で山岳遭難続発 (07月07日)
山岳遭難から生還した男性の実話 (06月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):