本日 1634 人 - 昨日 4279 人 - 累計 2880443 人
  • 記事検索

RSS

新潟焼山無届に罰則適用

 新潟焼山への無届登山に、罰則が適用となります。

 新潟県は、新潟焼山に無届で登山した場合、5月31日から罰則を適用すると発表しました。

 新潟県では、「新潟焼山における火山災害による遭難の防止に関する条例」、いわゆる『新潟焼山遭難防止条例」が、平成27年6月1日に施行されていましたが、罰則の適用は2年以内の施行となっていたものです。

 その罰則適用が、平成29年5月31日から適用されることになった。ギリギリ2年以内です。警告に従わない登山者には5万円以下の過料が科せられます。

 なお、新潟焼山は、平成28年3月2日から想定火口内(山頂から半径1㎞以内)への立入規制が行われています。

 そして、山頂から半径1㎞以外の活火山地区(山頂から半径1㎞~2㎞以内)へ登山する場合は、引き続き登山届の提出が義務づけられています。

 条例を守ることは、当たり前のことです。山菜取りでも登山届が必要です。注意しましょう。


関連記事
満蒙開拓平和記念館 (12月23日)
連続市民講座「岳問のすすめ2」始まる (06月23日)
深田久弥が生まれた日 (03月11日)
熱中症昨年の3倍 (07月14日)
聖岳登山道へ土砂流出し一時孤立 (08月13日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):