本日 964 人 - 昨日 2221 人 - 累計 3077776 人
  • 記事検索

RSS

中ア千畳敷は落石注意

DSCN2689 中央アルプスの千畳敷カールでは、雪解けがすすむと頻繁に落石が発生します。十分注意してください。

 雪渓やカールでは、共通して言えることは、雪解けは進むと落石に発生しやすくなるということ。本当に注意しなければなりません。

 雪の上を転がる落石は、音を立てないのも厄介です。ヘルメットを着用し、しっかり前を見て歩きましょう。しかし、下りは本当に命がけですね。

 中ア千畳敷でも雪が腐り、落石が頻繁に発生しているという情報があります。

 冒頭の写真は、宝剣岳直下の落石で、1メートルは越えていそうです。こんなのが当たったらひとたまりもありません。


関連記事
埼玉山岳救助ヘリ有料化へ (04月03日)
雨飾山西側の尾根に亀裂多数 (05月27日)
「西駒ヶ岳」って、どこ? (02月29日)
学校登山が減少 (05月04日)
上信越自動車道四車線化は2019年度 (07月19日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):