本日 1822 人 - 昨日 4015 人 - 累計 1541118 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

山梨の春山道迷い遭難4件6人

 山梨県で4月以降に発生した山岳遭難で、道迷いによるものが4件6人となっていることがわかりました。

 今年の春山は残雪が多い。残雪が多いということは、夏道が現れていないため、ある程度のルートファンティングが必要となることは言うまでもない。

 山梨県内で今年4月以降GW期間までに発生した遭難は、分かっているだけで11件13人となっている。
 このうち4件6人が道迷いによるものだった。

 南アルプスでは、
 4月17日、60代の男性が地蔵岳、観音岳、薬師岳と縦走後、下山中に道迷い。
 5月4日、アサヨ峰で50代の女性2人が登頂後下山中に道迷い。

 その他、大室山では男女2人がと扇山では70代の男性が道に迷い救助されている。

 防げる遭難は防ぎたいもの、事前の準備と慎重な行動に心がけたいもの。

 山梨県では山岳救助でのへり救助について、まさに有料化の議論が始まろうとしているところ、このような遭難が多いと有料化に傾いてしまうのではないか。

 


関連記事
小学生はどうやって六日間生き延びたのか (06月04日)
白馬乗鞍BCでケガ救助待つ (02月19日)
八ヶ岳連峰の北横岳で男性死亡 (02月25日)
御嶽山噴火災害から1年 (09月26日)
続報 木曽駒の男性は龍谷大生 (02月17日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):