本日 1658 人 - 昨日 2822 人 - 累計 1739370 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

GW山岳遭難死者過去2番目の多さ

 2017年ゴールデンウィーク期間中(4/29-5/7)の全国の山岳遭難発生状況が、警察庁から発表になりました。

 それによると、遭難発生件数は167件(長野県23件)、遭難者は190人(29人)、うち死者が27人(4人)、行方不明者2人(1人)、負傷者84人(16人)となっています。 ※( )内は長野県の数値。

 死者数は、統計を取り始めた1994年以降では、2011年の31人に次ぐ多さとなった。(年により、GW期間中の日数に相違がある。)

 最近は、期間中1日あたり14件の遭難が発生し、2人の方が亡くなっていたが、29年は1日あたり18.6件発生し、3人が亡くなっていることをみても、今年は遭難が多かったと言える。

 死者が増えた理由としては、天候に恵まれ入山者が増え、残雪が多かったため、雪崩や滑落が多かったことなどが理由か。


関連記事
中ア三ノ沢岳で女性救出も (02月29日)
長野旭山で中学生滑落 (04月25日)
富士須走口で病死か (07月31日)
中央アルプス遭難発生状況 (03月05日)
奥穂高岳で二人遭難死 (05月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):