本日 1852 人 - 昨日 2665 人 - 累計 3173173 人
  • 記事検索

RSS

止まらないGW山岳遭難

 ゴールデンウィーク中の信州での山岳遭難が、続発しています。

 5月5日、信州では山岳遭難が相次ぎ、1人が死亡3人が負傷しました。

 朝方、北アルプスの前穂高岳では、埼玉県の70代男性が三千メートル付近の岩場から滑落し、亡くなりました。

 同じく北ア槍ヶ岳では、愛知県の40代女性が転倒し、脚を骨折する重傷を負っています。

 南アの小仙丈ヶ岳では、長野県内の30代の山岳ガイドの男性が山スキーで転倒し、脚の骨を折る重傷を負いました。

 志賀高原では、山菜取りをしていた80代の男性が斜面を滑落し、負傷しています。

 信州のGW期間中の山岳遭難は、既に18件となり昨年を15件を上回っています。まだ、二日あるGWですが、消防ヘリがない状況で非常に心配です。皆さん、慎重な登山をお願いします。

 今年死者は既に4人となりました。ご冥福を祈ります。


関連記事
黒部五郎岳遭難事故続報ほか (08月07日)
「聖職の碑」から百年 (12月11日)
阿弥陀岳で滑落事故 (02月24日)
北穂高で男性滑落 (10月10日)
谷川岳で今年最初の死者 (10月28日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):