本日 605 人 - 昨日 6138 人 - 累計 2591131 人
  • 記事検索

RSS

信州の山岳遭難相次ぐ

DSC_6101 穂高連峰を中心に信州の山岳で遭難が相次いで発生した。いまだに2人が救助を待っている。

 5月1日、北穂高岳では東京都の80代の男性が滑落し、頭部に重傷を負い、長野県警のヘリで救助された。

 前穂高岳では、いずれも愛知県在住で40代の男性と20代の男性の2人パーティーが、4月30日に道迷いで動けなくなりビバーク。その後も荒天で動けず、救助を要請している模様。

 八方尾根では、4月30日にバックカントリーでスノーボードをしていて滑落し、あばら骨を折り救助を待っていた神奈川県の20代男性が、1日になって長野県警の山岳救助隊の地上部隊によって救助された。

 連休に入って、入山者が増えています。信州の山岳は残雪が多めです。無理のない登山をしてください。後退する勇気を忘れないでください。

 写真は今朝の北アルプスと飯縄山です。今朝は冷え込みましたが、山は良く見えています。ヘリによる救助は可能と思われます。遭難者が無事に救助されることを願います。


関連記事
日光で高齢女性遭難か (09月18日)
滑落事故の雪崩調査員のNPOがコメント (02月13日)
また妙義山で男性が滑落 (06月19日)
槍ヶ岳で高齢男性救助 (07月15日)
犬に助けられた91歳と14歳 (10月28日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):