本日 1787 人 - 昨日 3618 人 - 累計 1549257 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

金峰山で落石受け負傷

 奥秩父山塊の百名山「金峰山」で登山中の男性が落石を受け、脚を負傷し救助されました。

 4月29日、長野県と山梨県に跨る「金峰山」(きんぽうさん)に、日帰りの予定で6人で登山をしていて、40代の男性が落石を受け足を負傷したという。

 男性は、管轄の佐久広域連合消防本部の地上部隊により救助された模様。

 長野県に消防ヘリはありません。消防の地上部隊による救助案件も増えるかもしれません。


 この日は、飯山市でも山菜取りをしていた50代の女性が転落し、脚の骨を折る重傷を負っている。

 こちらは長野県警のヘリにより救助されている。

 
 皆さん、長野県には消防防災ヘリがありません。くれぐれもそのことを頭に入れて、登山をしてください。
 


関連記事
前穂事故の女性は以前谷川岳でも遭難 (05月04日)
西穂高岳で男性ガイド滑落 (07月18日)
前武尊山雪崩遭難事故の詳細わかる (02月15日)
GW全国山岳遭難昨年下回る (05月19日)
続報 阿弥陀岳早大生遭難事故 (02月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):