本日 1818 人 - 昨日 3328 人 - 累計 2398621 人
  • 記事検索

RSS

南ア甲斐駒で男性滑落か

 南アルプスの甲斐駒ケ岳の標高2,300付近で、倒れている男性が発見され、その後死亡が確認されました。

 4月23日、甲斐駒ケ岳の山梨県側の8合目付近で、男性が倒れており、山梨県警のヘリで救助されたものの死亡が確認されたという。

 当日、7合目にある山小屋の管理人が、山頂に向かった登山者が戻らないと通報があり、ヘリで捜索していて見つかったようです。

 発見場所は、登山道から300~400mほど下の沢とのこと。

 男性のご冥福をお祈りします。


関連記事
山岳遭難から生還した男性の実話 (06月01日)
北アルプスで遭難相次ぐ (09月25日)
スイセン食べ14人中毒 (05月19日)
タケノコ狩り遭難死因は心疾患 (06月26日)
山梨坪山で男女3人心肺停止 (12月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):