本日 1904 人 - 昨日 2033 人 - 累計 1880219 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

上信国境はかなりの残雪

画像 上信国境を跨ぐ「上信スカイライン」を走ってきました。そこはまだ雪山でした。





画像 先週、冬期閉鎖が終わり開通したばかりの「上信スカイライン」を早速走ってきましたが、素晴らしい景色でした。

 3メートル雪の壁、樹氷、残雪の山々とブルースカイ、そして2,000メートル付近では雪も舞いました。




画像 冬期閉鎖が終わったからと言っても、冬用タイヤでないとまだまだ安心できませんよ。凍結箇所もありますし、この日のように雪が降ることもあります。峠付近は、午前10時でも氷点下の気温ですから油断できません。

 時間が経つにつれ、雲が抜け、上信国境の山々が雄姿を見せてくれました。浅間山も噴煙がやや多いのが分かります。
 本白根や横手山はかなり雪が残っているように見えます。




画像 毛無峠への分岐は、まだ1メートル以上の積雪で当分開通できないでしょう。今年のネマガリダケは遅いかもしれません。






画像 全国ニュースは、志賀草津道路の雪の壁を伝えていましたが、こちらも雪の中を走るドライブはいい物です。高度感がたまらないです。
 なお、くれぐれも下りでブレーキ踏み過ぎで、ペーパーロックにならないよう十分注意してください。


関連記事
信州の春は近づいたか (02月22日)
ふきのとうは採るものにあらず (03月27日)
双子ナスはここにも (08月03日)
モルゲンレートのアルプスと月 (11月07日)
今日は「大寒」です (01月20日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):