本日 1816 人 - 昨日 3328 人 - 累計 2398619 人
  • 記事検索

RSS

新潟県過去10年で遭難者最多

 新潟県内で発生した今冬の山岳遭難者は、最近の10年で過去最多だった。

 新潟県警がまとめた、今冬山シーズン(12~3月)の遭難者数は、23人で過去10年間で最多だったいう。

 スキー場の管理区域外のバックカントリーでの遭難が、今季は9件18人と急増したようだ。

 特に、外国人の遭難が目立ったと言う。

 遭難者のうち5名は未だに行方不明のままだ。中でも、湯沢町の神楽ケ峰のBCでは、3名が行方不明となっている。

 早く発見されることを願います。


関連記事
穂高岳山荘小屋番宮田さん未だ不明 (05月20日)
八ヶ岳の夫婦発見も死亡 (12月29日)
続報 木曽駒の男性は龍谷大生 (02月17日)
続報 西穂高岳のガイド滑落事故 (07月18日)
止まらないGW山岳遭難 (05月05日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):