本日 1785 人 - 昨日 3618 人 - 累計 1549255 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

新潟県過去10年で遭難者最多

 新潟県内で発生した今冬の山岳遭難者は、最近の10年で過去最多だった。

 新潟県警がまとめた、今冬山シーズン(12~3月)の遭難者数は、23人で過去10年間で最多だったいう。

 スキー場の管理区域外のバックカントリーでの遭難が、今季は9件18人と急増したようだ。

 特に、外国人の遭難が目立ったと言う。

 遭難者のうち5名は未だに行方不明のままだ。中でも、湯沢町の神楽ケ峰のBCでは、3名が行方不明となっている。

 早く発見されることを願います。


関連記事
魔の山「六百山」で何が (07月19日)
硫黄岳で男性が不可解な滑落死 (05月21日)
野沢温泉村遭難費用30万円請求 (01月24日)
哀悼 岐阜県消防防災ヘリ「若鮎Ⅱ」 (09月11日)
長野県小谷村で高齢者雪の下敷きに (02月22日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):