本日 182 人 - 昨日 2457 人 - 累計 2410633 人
  • 記事検索

RSS

警視庁ヘリが長野を応援

 信州の山岳遭難の救助活動を応援するために、警視庁のヘリがGW中松本空港に駐在するという。

 長野県警と警視庁が発表した内容によると、長野県の消防防災ヘリの事故を受け、ゴールデン期間中の山岳遭難救助活動の穴を埋めるために、警視庁にヘリの応援を頼んだと言う。

 しかし、警視庁のヘリが行える救助活動は標高1500メートル以下と言う条件付だ。

 信州では、標高2000mのスキー場もあるし、住民もいる。応援はありがたいが、信州で標高1500mは山岳とは言わない。

 実態は、長野県警の2機のヘリが山岳救助を行い、警視庁のヘリはその他の活動を行うというのが実際だろう。


関連記事
信州で登山道整備をしよう (06月30日)
穂高で積雪10センチ (11月02日)
長野県警山岳遭難救助隊にきく (05月12日)
富士山宝永火口で大規模な落石 (09月12日)
登山届75%はポストへの投函 (10月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):