本日 1074 人 - 昨日 2221 人 - 累計 3077886 人
  • 記事検索

RSS

長野県警春山情報

 長野県警が春山情報を発表した。残雪は昨年より多いが平年並み。

 長野県警が2017春山情報を発表した。信州の山の残雪状況は、例年並みとのこと。

 春山は、天気の急変により吹雪になり低体温症等で行動できなくなったり、雪崩に巻き込まれる等の遭難が多く発生しています。

 登山道を覆い隠している残雪は、道迷いやスリップによる滑落の原因となります。この原因の事故は例年多数発生しています。

 残雪期の登山は気持ちの良いものですが、リスクもあるということです。甘くみないで、自分やメンバーの体力技術にあった登山を心がけましょう。

 ここ五年間の春山(4月から6月)の遭難件数は、平均で55件発生し、死者の平均は11人となっています。
 山に行きたくなるのは分かりますが、思わぬことになるのも春山です。本当に気を付けてください。

 今年は、長野県には消防ヘリがありません。そのことは大変リスクが高いことです。心してください。

 長野県警の春山情報はこちら
★長野県警春山情報


関連記事
信州山岳環境魅力発信フォーラムせまる (02月06日)
「夏山常駐パトロール隊」が結隊式 (07月12日)
アクティブレンジャー募集中 (01月28日)
登山ガイドの国家資格を検討か (11月16日)
涸沢パノラマコース通行止め (09月19日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):