本日 463 人 - 昨日 2598 人 - 累計 1747178 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

地上から救助する機会が増える

 今年は、山岳救助隊が地上から救助に向かうことが増えるかもしれない。

 先日、長野県警の山岳遭難救助隊の決隊式が行われました。新たに6名の隊員が加わったとのことです。

 しかし、今年は山岳救助隊の出番が増えるかもしれません。それは、先月5日に長野県の消防防災ヘリが事故を起し、山岳遭難の現場で滑落してきたヘリを失ったためです。

 地上隊の活動はリスクを伴うものです。救助隊も例年にも増して、訓練に力が入るでしょうが。彼らも身命を賭しての活動となるものです。くれぐれも二次遭難だけは避けてほしいものです。

 登山者も、自分の技術や体力にあった登山に心がける必要があります。昨シーズンも、疲労や痙攣などで救助された方も多くいました。今年は、今までのように救助されるかどうか分かりません。
 十分に注意し、登山を楽しんでください。


関連記事
松本清張「黒い画集」-遭難 (08月17日)
駒ヶ岳より見る「アーベントロート」 (11月06日)
北穂高不明男性谷で発見 (06月24日)
米子瀑布が国の名勝に (06月17日)
笹ヶ峰ミニビジターセンターが損壊 (05月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):