本日 3486 人 - 昨日 7185 人 - 累計 2587874 人
  • 記事検索

RSS

長野県民の男性が岐阜県で遭難か

 長野県の70代男性が、岐阜県内で遭難したとみられる。

 長野県松本市の70代男性が、3月31日、岐阜県郡上市にある標高1,385mの毘沙門岳に登ったあと行方不明となっている。

 男性は、3月27日に家族に「岐阜県の山に行く」と出かけ、毘沙門岳に登ったとみられるが、4月4日、郡上市内の神社の駐車場で車が見つかったという。ちょっと時間が経っていますが、男性はどこにいるのでしょうか。

 毘沙門岳は樹氷が美しい山として人気ですが、この季節ではそれもないでしょう。

 北アルプスに近い松本市の男性が、岐阜県の里山で遭難したのでしょうか。安否が気になります。無事発見されることを願います。


関連記事
中ア八ヶ岳で滑落相次ぐ (12月31日)
南ア北岳でも男性滑落 (01月02日)
八方尾根スキー場米国人不明 (02月21日)
ヘリ事故から一か月 (04月08日)
発見の遺体は不明の親子 (06月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):